東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

本日1・8民主労総ゼネストー労働改悪阻止と朝鮮侵略戦争阻止の闘いに連帯を

民主労総新年闘争宣布式

本日1月8日、韓国民主労総が新年第一波の労働改悪阻止ゼネストに立ち上がっています。
差し迫る朝鮮侵略戦争阻止の闘いでもあります。
全国労組交流センターのビラを紹介します。

韓国・民主労総ゼネストと連帯し、朝鮮侵略戦争を阻止しよう!

 1月4日、韓国・民主労総(全国民主労働組合総連盟)は、ソウル市内のチョンテイル烈士像の前で、2016年の闘争開始を宣言しました。1月8日の韓国臨時国会終了の時点で、労働改悪阻止!をかかげ、16年最初のゼネストに決起しています。昨年から数えて4度めのパククネ政権打倒のゼネストです。

■希望のために闘うゼネスト

 日本と同じように韓国社会では、政府と大企業が「労組が企業の足手まといだ」「福祉は大衆迎合だ」「企業のため規制緩和と民営化を進めよ」とわめき散らしています。すべての国民が失業と不安症候群に苦しみ、みんなが変化を希望しています。
 しかし不正義に対抗し闘わなければ何も変わりません。民主労総は「労働の希望のために、搾取、不平等、抑圧、権力に対抗し、2016年の闘争を宣言する」「私たちは希望のために闘う」と世界を変えるゼネストに立ちあがっています。
 すべての皆さん! 民主労総に続こう! JRの労働組合・動労水戸は、青年運転士の駅配転阻止のストライキを1月4日に打ち抜きました。動労総連合を先頭に、あらゆる職場に闘う労働組合をつくり、ストライキでこの社会を変えましょう!

doromito14suto2.jpeg
doromito14suto1


■米日韓軍事同盟強化を打ち砕くゼネスト


 民主労総は1・4宣言文の中で「分断71年の反戦平和闘争を宣言する」として、昨年末の日韓両政府による慰安婦問題での恥知らずな「合意」を徹底的に弾劾しています。
 この「合意」は「韓国側が慰安婦問題を今後二度と蒸し返さない」ことを最大の狙いにして、被害者の「人権回復」と「歴史回復」の要求をすべて抹殺する許しがたいものです。

 安倍首相は、今回の「慰安婦問題合意」について、「最終的かつ不可逆に解決されることを確認する」と繰り返しています。そして在韓国大使館前の少女像の撤去が条件だ、というのです。元慰安婦を支援する財団に日本政府が10億円の基金を出すから黙れ!という許しがたいものです。
 日米韓の権力者の目的は、崩壊の危機に立つ北朝鮮を先制的に攻撃し、北朝鮮を壊滅させるという「作戦計画5015」を発動するための条件づくりです。安倍政権は「朝鮮半島上陸」を可能とするために「日韓対立」解消をこんな卑劣な形で行っているのです。
 民主労総のゼネストは、こうした新たな朝鮮侵略戦争策動に対決し、労働者が主人公の社会をつくり戦争をなくす闘いです。民主労総と連帯し、朝鮮侵略戦争阻止の反戦闘争に立ち上がろう!


■北朝鮮の「水爆実験」弾劾!
ゼネストと国際連帯で世界戦争を止めよう!

 年明け早々、世界戦争の危機を誰もが実感する出来事が次々に起こっています。サウジアラビアとイランの対立(国交断絶)は、中東全域に広がっています。これは単なる「宗派間対立」などではなく、帝国主義の中東・石油支配の歴史的破綻が招いたものです。
 さらに1月6日、北朝鮮は「水爆実験に成功した」と発表しました。この核実験の強行はあいつぐ粛清が報じられる金正恩体制の危機の反映であり、反戦平和を求める全世界の労働者人民に対する敵対です。これを期に、米日韓の「作戦計画5015」が発動されれば東アジアは世界戦争の火薬庫になってしまうでしょう。
 今こそゼネストと国際連帯で世界戦争を止めねばなりません。世界の労働者が団結すれば戦争を止めることはできます。民主労総のゼネストと連帯し、「緊急事態条項」新設で戦争・改憲へ突き進む安倍政権を倒しましょう。

◆韓国47団体共同記者会見文(抜粋)
歴史の正義と被害者の人権を捨てた日本軍「慰安婦」問題の屈辱的合意を糾弾する!

 (前略)私たちは被害者らが数十年間要求した国家的、法定謝罪と賠償を完全に度外視したことはもちろん、この懸案に対する国際的問題提起を元から封鎖して、少女像まで撤去することにした屈辱的合意に対して、強力に糾弾する。
 万一、日本政府が本当に日本政府の責任を認めて反省するならば、当然法定に賠償し、歴史歪曲中断などの措置をとらなければならない。しかし日本政府は、65年日韓基本条約と請求権協定ですべての賠償問題が解決されたという既存の主張を繰り返しながら、せいぜい「出資金」を前面に出して、被害者らの人権回復と正しい歴史回復に対する切実な要求を徹底的に無視した。
 今回の合意が、ひたすら韓日首脳会談で日本軍「慰安婦」問題の年内妥結を公言したパククネ大統領の政治的功績を積むことと、韓米日、韓日軍事同盟の完成に向けた米国側の要求を受け入れるための、拙速野合であることを赤裸々に示している。
 日本軍「慰安婦」問題などいわゆる過去の問題に対する韓日間の縫合と対日免罪符付与が、韓日軍事同盟構築、韓米日同盟の完成を加速させることは火を見るよりも明らかだ。……自衛隊の韓半島再出兵を制度的に担保しようとする動きもまた本格化されるだろう。
 しかし韓日両国の国民は皆、過去の侵略の歴史を繰り返す韓米日覇権同盟完成と韓日軍事協力に強く反対して抵抗している。
 日本軍「慰安婦」問題に対して国家的・法的に謝罪し、賠償しろ!
 パククネ政権と安倍政府は、正しい歴史と被害者の人権回復を無視した拙速野合を白紙撤回しろ!
2015年12月29日

民主労総連帯ビラ1.8-1

民主労総連帯ビラ1.8-2

« 新しい日記に行く  | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん