東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルド店長の未払い残業代請求訴訟で勝利!

【ネットの記事より転載】
東京地裁で争われていたマクドナルドの未払い残業代請求訴訟に、28日に判決が出た。結果は原告である現役店長・高野廣志さん(46歳)の全面勝訴。被告の日本マクドナルドには、裁判所算出の残業代と休日出勤代満額の支払い命令が出た。

 最大の争点だったのは、店長が「管理監督者」に当たるかどうかだった。齋藤巌裁判官は、マクドナルドの店長が店長としての職務以外に自らシフトに入り店を運営している点や、独自のメニューを展開できない点、給与面などに触れ「経営者と一体となって経営に参画しているかという責任の観点において、また、管理監督者として優遇されているかの観点において、どちらからも管理監督者であるとは認められない」とした。

 原告の高野さんが現役で仕事を続けながら、職場の向上を図って裁判を闘い抜いたことは大きい。高野さんは現役であることについて「これまで多くの同僚から、会社のイメージダウンになることをしているとネガティブな見方をされてきた。しかし悪いことはしていない。自分は正しいことをしているのだという信念で仕事を続けてきた」と言う。

 しかし、07年に勤務中に亡くなった山下公園前店の店長のことに触れ「過労死かどうかは分からないが、もっと早く判決が出て、店長の立場に会社が責任を持つようになっていたら、死をくい止められたかもしれない」と涙で声をつまらせた。

 高野さん自身、過労からくる脳梗塞の症状に苦しんでいた。奥さんの邦子さんは「最初はマクドナルドという大企業を、自分たちのような平凡な人間が訴えて、この先どうなってしまうのかと恐れを抱いた。でも提訴の決断をして本当に良かったと思う。家族を守るつもりで、結果おかしな働き方をすることになりその人が死ぬようなことになれば、一番悲しむのは家族。同じ境遇にいる人には、過労死する前に、生きているうちに立ち上がってほしい」と語った。

 1947年に労働基準法ができて60年あまり。弁護団は、裁判の本質は残業代の請求ではなく「本来8時間以上働かせてはいけない人間の管理を、会社がきちんとするべきであるという裁判だった」とあらためて労働者を守る労基法の重要性を強調した。

 マクドナルドに対して高野さんは「外食チェーン業界のリーディングカンパニーとして、判決を真摯(しんし)に受け止め、店長の処遇に反映させてほしい」と語ったが、マクドナルドは控訴する方針のようだ。

 コナカに引き続き、マクドナルドでも店長を管理監督者として扱うことが否定された。外食産業にとどまらず、これらの判断が及ぼす影響は大きいだろう。

 日本労働弁護団は不払い残業が放置されている現状を解決してゆくために『名ばかり管理職110番』を下記の要領で実施するとのことだ。

実施日時:2月11日(月)午前10時から午後3時
実施場所:労働弁護団本部事務所(総評会館4階)
電話番号:03-3251-5363
担当弁護士は15名予定


【編集部注】一部字句を訂正しました。(2008/01/29 13:20)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://rentaiunion2007.blog105.fc2.com/tb.php/116-c8e2d701

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。