東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メデカジャパン・そよ風分会 ☆たい風☆No12

来週、雇い止めをされるのは「あなた」かも。

●期限の前日に通知すれば誰だって
その時点で契約終了。

 そよ風とは本当にふざけきった会社です。20日の団交でハッキリした事は、「契約終了の前日までに通知をすればいつでも雇い止めをできる。」と会社側の代表である人事部リーダーがはっきり明言しました。
例えばこれを読んでいるあなたが、今月30日までの契約だったとしたら、29日に突然、施設長に呼ばれて“雇用契約終了の通知”という紙っぺら一枚だけ渡されてそれでもう5月からはこないくていい言われることだってあるということです。そしてあなたは来週の今頃、そういう現実を突きつけられ、5月から仕事もなく途方にくれるしかない。という状況が起きても全くおかしくないと言う事です。月が変わる2日前に急に雇い止めを宣告され、あと2日でどうやって次の仕事を探せばいいのでしょうか?その後の仕事や生活はどうしていけばいいのでしょうか?その事を吉野氏に問いただしたところ、「当社は知らない。」と平然と言い放ちました。つまり、労働者が生きられようが生きられまいが、仕事がなくなろうが路頭に迷おうがそんなこと「当社は知らない。」というのです。感動介護を謳う会社のわりにはなんと無慈悲で非情な言葉なのでしょうか。呆れてものも言えません。まるで職員をモノ扱いです。人間を何だと思っているのでしょうか?人を人とも思わない扱いをするのがそよ風だということです。こんな考えの経営が全国で140拠点以上の場所で利用者や入居者に対して、一体どのような福祉を提供するのでしょうか?本当にふざけるなと言いたい。信頼も安心も口先だけだと言う事はそよ風で働く全ての労働者が知っています。彼らは片方では労働者や利用者を儲けのためだけのモノ扱いし、口先では安心だとか安全だとか言っている。しかし、現場で安心や安全を守っているのはいったい誰なのか?
現場で安全を守っているのは私たち労働者ではないですか!そよ風資本はそんな私たちの必死の思いから儲けのみを掠め取りそれで口では安全などと語っているに過ぎないのです。
客観性もなくデタラメな理由を並び立てで労働者から業務を奪い、貶める事をしても、5日前に突然雇い止めをして一人の人間の人間性も人格も否定する事をしても、納得できないから説明をしろと言っても、全くつじつまの合わない説明を繰り返しただけで、悪い事はしていないと居直り、それでもなんとも思わない。悪い事をしているという気持ちにもならない。そいう言う人間が施設の責任者や人事部のトップをしている。それがあなたが働く職場、そよ風です。これが現実です。そよ風で働く全ての労働者はこの現実を見据えなければならないということです。それとも、今回の事は例外で自分は大丈夫、自分は絶対にそんな事を突きつけられないと本当にいえるでしょうか?そよ風ではたらく殆どの非正規の期間雇用で働いているみなさん、自分には絶対にそんな事が突きつけと本当に言えるでしょうか?     
そんな資本の理論とは相容れないと言う事です。だからこそ資本と徹底的に非和解で闘う労働組合が必要なのです。共に闘いましょう。

何ゆえそよ風はここまでえげつないのか?

●そもそもそよ風とはどういう会社なのか?

 そよ風で働いている労働者であればこの会社の異常なまでの“儲け”に執着する姿勢は分かっていると思います。そよ風は高齢者に対する福祉職場であるにも関わらず、会社の第1課題は儲けです。なぜ労働者を増やしてもっと手厚い介護状態を作り出さないのか?なぜこのような重労働を科しながらも賃金は安いのか?なぜいつまでたっても正規職員になれないのか?なぜ、残業代が20時間以上つかないのか?なぜなぜなぜ、この全ての問いはひとつ。儲けられるからです。職員が少なければ、賃金が安ければ非正規職であれば儲けられるからです。これがそよ風の現状であり、日本の福祉の現状です。徹底的に儲けのためにはカットカットカット。そこには労働者の生活と言う観点も、利用者や職場の安全とう視点があるはずがないということです。

●これこそが最近良く報道されている新自由主義だということです。

本来儲けや競争、市場化というものがなじむ筈がない福祉や医療と言う分野に競争原理を持ち込み市場原理を持ち込み、儲けを持ち込んだ。これこそが今、世界大恐慌を引き起こし、日々何人もの労働者をクビにして路上にたたき出しているている新自由主義というものです。国鉄の分割民営化から始まった新自由主義が今、日本中で破綻しまくっています。JRでも徹底した儲け主義で4年前の「尼崎事故」のように安全は崩壊しています。郵便局が民営化されて本当に便利になったでしょうか?公立病院が民営化され儲からない患者は満足な医療は受けられなくなっています。派遣法も規制緩和で製造業に派遣されるようになった労働者は今、路頭にたたき出されています。そして福祉であるそよ風ではトンでもない雇い止めが横行し、職場でも安全が保たれないという事です。

しかし、労働者は団結して立ち上がっている

フランストヨタの労働者の闘い
http://www.zenshin.org/blog/2009/04/post-501.html
日本・ジェコーの労働者の闘い
http://www.zenshin.org/blog/2009/04/post-499.html

あなたも組合に入って共に闘おう!

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://rentaiunion2007.blog105.fc2.com/tb.php/154-2107bb3e

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。