東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

郵政非正規ユニオンが雇い止め阻止のストライキ!


9・19反原発6万人デモの興奮さめやらぬ翌日の20日夜、郵政非正規ユニオンの斎藤委員長が東京多摩局前で24時間ストライキをおこないました!
東京多摩局前は、70人もの組合員と東京・関東圏から支援にかけつけた労働者で埋め尽くされました。出勤・退勤の労働者にはストライキ宣言など2種類のビラが手渡され、反応も上々でした。
我が東京北部ユニオンも駆けつけ、永野書記長が連帯のあいさつを送りました。

●斎藤委員長の発言
みなさん、本日の結集ありがとうございます。
私たち郵政非正規ユニオンは、本日24時間のストライキに立ち上がりました。
本日のストライキは、非正規労働者の本格的決起が現場から始まったこと、そして非正規職制度の撤廃を世界にアピールするストです。
地域、産別を超えて皆さんが集まってくれたことが大きな力です。
昨日、原発をなくそうと6万人がデモをやりました。6万人の団結と信頼はすごい。これ以上のものはありません。この力が世の中を変えないはずはない!
非正規労働者も闘えば勝てます。非正規労働者数万人のデモを日本郵政にたたきつけてやろうではありませんか! 本日のストは第一波です。第二波、第三波と敵の壁を崩す波を送り続けたい。
皆さんの支援に感謝です。


この日のストライキには新聞記者も取材にかけつけていましたが、その内容を盛り込んだ、郵政など非正規の実態についての記事が今日(9月23日)の朝日新聞に掲載されました!
朝日・非正規公務員記事

さあ、非正規労働者たちの反乱が始まりました! これは郵政のみならず、産別・職種をこえた闘いです。
そして正規・非正規をこえた労働者の団結でこそ勝利することができます。
9月29日には郵政本社デモが呼びかけられています。
積もりに積もった怒りを爆発させていきましょう!
そして11月6日には日比谷野音での1万人労働者集会へ!

■9月29日(木) 午後6時半 集合  午後7時デモ出発
場所  港区桜田公園(JR新橋駅 烏森口すぐ)

呼びかけ
全国労組交流センター・青年部
郵政非正規ユニオン
合同・一般労働組合全国協議会
全国労組交流センター・全逓労働者部会

DSC_0014.jpg

                    ストライキ宣言
            2011年9月20日
          郵政非正規ユニオン執行委員会

 日本郵便と東京多摩支店(以下会社)は、6月以降65歳定年の人も含め20名以上の期間雇用社員の雇い止め解雇を行ってきた。そして齋藤委員長に対しゆうパック課大工原課長の「脅迫」「暴力」行為はなかったと開き直り、会社は返す刀で齋藤委員長の9月雇い止め解雇を行ってきた。
 ユニオンは、9月11日臨時大会を開催し圧倒的多数でスト権を確立した。そして本日9月20日午後10時より24時間のストライキに突入する。
 20名の雇い止めを撤回せよ!大工原課長の脅迫と暴力行為を謝罪せよ!要求を受け入れない場合は直ちに第二波ストライキに突入する。

 6月雇い止めの理由を会社は1034億円の赤字削減のためにといったが、真っ赤なウソであり、本社からそのような指示は出ていないことが明らかになった。
 3月以降ゆうパック課を中心に始まった組合結成の動きを察知した会社が、15名のゆうパック課の社員を6月雇い止めにしたのである。
 そして6月10日組合結成以降、組合に参加した社員に対し勤務終了後一部の社員が数名で取り囲み恫喝する等ユニオン潰しの攻撃が6月一杯行われたのである。その上ユニオン作りの先頭に立ってきた齋藤委員長に対し9月雇い止めを通告してきた。この雇い止めの判断を下したのは大工原課長や新岡課長代理である。
 9月末の65歳定年制に伴ない現在全国で1万5千名以上の雇い止め予告通知が出されている。JP労租と締結した「就業規則」をたてにとって、問答無用に雇い止めが行われているのである。
 会社は、大工原課長の脅迫・暴力行為について、大工原課長は「熱くなった。」「もしそのような事実があれば遺憾である。」と述べてきた。しかし労働委員会の調査・審問では「そのような事実はなかった。」と開き直った。会社は絶対に「あった」とはいえないのである。これは齋藤委員長に対する脅迫と暴力行為が不当労働行為であるからだ。
大工原課長は、アルバイトを「クズども」と叫び、「アルバイトが組合を作ることなど上(支店長)が認めても俺は認めない」と言い放ち、ユニオンについて「そんなことをしていれば皆に嫌われ孤立する。世の中の人を蹴落としてでも生きていく汚いものが生き残るんだ!あれもこれも間違っているといっていたら、世の中は成り立たない。」等と暴言を浴びせたのである。
  この大工原課長の暴言は、解雇権を握る会社が職場を専制的に支配し、非正規労働者全国2千万人、日本郵便非正規16万人を、かくも非人間的にボロクズのように、「使い捨て労働」として扱っている一端である。
 非正規労働者はたえず雇い止めの不安のなかにおかれ、会社に要求や意見などを言うこともできない。 これは解雇権を会社が握り、乱用しているからである。少なくとも組合もない非正規労働者がこのような会社と対等に話し合い、人間としての尊厳を回復し自らの労働条件を回復するには、非正規労働者の雇い止めには「本人の同意」ということを原則化することが必要である。特に郵便事業会社のような恒常的企業が解雇権を乱用することなど許されない。ユニオンは会社にも厚生労働省に対しても非正規労働者の人間的尊厳を保障するためにも、非正規労働者の雇い止めは「本人の同意」を原則とするよう強く求めていく。         
 
 ユニオンはついにストライキに決起した。会社は実害がないとたかをくくっているが、ストライキは腐敗した資本主義とその支配体制を根底からひっくり返し、労働者の団結を生み出す。資本家(会社)に服従することを拒否しストライキに決起した時、労働者は奴隷ではなく人間となる。
 ストライキは会社と闘う最高の手段であり、会社に恐怖を呼び覚まし会社の支配を揺るがす。郵便事業会社で働く16万の期間雇用社員の共感と支持は燎原の火となって広がることは明らかである。 
 本年エジプトでは、繊維職場の女性労働者のストライキから、これに呼応した青年労働者の決起で40年続いたムバラク独裁政権が倒された。
 ユニオンは非正規という奴隷の鎖を断ち切り、何度でもストライキに決起し会社の脅迫と暴力行為を弾劾し、不当解雇を撤回するまで闘うことを宣言する。                                                                                                                            以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://rentaiunion2007.blog105.fc2.com/tb.php/219-79a59969

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

Template by たけやん