東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

3・1ビキニデー60周年集会に参加-NAZENいけぶくろ結成!



2014年3月1日はビキニ被曝からちょうど60周年の日でした。
3・11福島原発事故3周年を前にしての安倍政権による原発再稼働反対と内部被曝許さない意思をこめて、原水禁運動発祥の地・杉並で集会がもたれ、210名が参加しました。

お話 杉井吉彦さん(ふくしま共同診療所医師)
全国・世界から集まった募金で2012年12月に開院したふくしま共同診療所。避難・保養・医療を3つの柱に福島で診療を続ける。75人を数える子どもたちの甲状腺がん。福島の現状が生々しく語られました。

【杉井医師のインタビューから】
「福島の健康問題を、反原発運動の魂に」
「原発関連死」は福島県内の自治体の認定でも1539 人で、地震や津波による直接死を超えようとしているんですよ(9・8付毎日新聞。1月現在は1624人、直接死をこえた)。みんなもっと言うべきだ、これは虐殺なんだって。向こうは「死者が出てない」というのに対し、それを切り崩す運動にしていかないと。再稼働問題は健康問題だと声を大にして訴えたい。

何度も言うけど、福島の医療問題で勝たなければ反原発闘争はない、と思ってます。この健康問題で闘わなければ。怒りの源泉はそこにあるんだから、そこで共に立たなければどこで立つんだと。

「診療所を作るとそこに住民をおしとどめてしまうんじゃないか」「被曝を強制する診療所になるんじゃないか」とさんざん言われた。それで、まず危険な状況から避難させるのが医療の基本、放射線に対する唯一の防御は避難であるというのが第一。避難できないとしても保養があって、その上で、どうしても避難できないし保養もできない人に、医療的な支援をしなければいけない。がんの早期発見とか、免疫機能の低下など放射線障害による疾病への医療的な支援や指導。避難も保養も医療も全部、被曝を強いられている福島県民と共に、医療者が全力で放射線障害から身を守っていく、それが3原則の中身なんです。

この3原則は、医療問題が人々の、患者の求める根本的な解決を目指すということと直結している。避難を勧めたら患者がいなくなり、資本主義社会の病院としては経営は成立しない。でもそれを言わないと福島ではやれない。


IMG_5417.jpg

杉並集会前の昼間には、東京北部春闘集会が開かれ、またその後30人の地域の労働者などの参加のもと、
NAZENいけぶくろが結成されました!

私たち東京北部ユニオンもこのNAZENいけぶくろ結成に組合として参加します。
労働運動の課題として、原発廃炉・被曝労働許すなの闘いを、職場から地域から、広げていきます。

3・11前後に各地で様々な集会・デモが行われますが、私たちは「3・11」当日にこだわり、郡山での集会に参加します。当日はチャーターバスも出ます。誰でも参加できます。
一緒に反原発を取り組みましょう!

3・11反原発福島行動'14 
3月11日(火) 午後1時開場 午後2時開会
 午後4時15分 デモ出発
 郡山市総合体育館(郡山市豊田町3-10)
 主催 3・11反原発福島行動実行委員会



1966154_1417456771836423_409456488_o.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://rentaiunion2007.blog105.fc2.com/tb.php/369-7cf0b8f5

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん