東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

常磐線竜田延伸反対・5.31いわき闘争に参加!

眩いばかりの初夏の日差しの下、5.31いわき闘争に参加しました。

P1060363.jpg

この闘争は、安倍政権が推し進める再稼働攻撃の最先端としてある
高(低)線量被曝を「なかったことにする」「大したことない、帰れ」という楢葉町住民への帰還強要、および
この安倍政権の攻撃の最尖兵としてのJR東日本の常磐線竜田延伸に対して
被ばく労働を断固許さず5.30~31ストに起ちあがった動労水戸のストライキとともに行われたものです。

楢葉町長は、5月29日の発表で、「帰町宣言」はできず、「帰町宣言は来春以降」とし、そこに向けて6月1日から町の準備室を設置するとしました。JRが広野駅まで運転再開する条件は何一つないのです!

被ばくを強制するJRに対して、「鉄道員の労働組合として、安全に責任を取る誇りにかけて」の闘いは、労働組合のあるべき姿を示すものです。
緊急に行われたものでしたが、集会の重要性のゆえに東京北部ユニオン組合員も多数結集し、
東京北部地区の他労組や、他地区の合同労組などとともに、
大型バス1台+αでいわきに参集しました。

P1060282.jpg

集会はいわき市の平中央公園で行われました。
冒頭女性3人グループ「スパングルス」が軽やかに・陽気に原発反対を歌い上げ、
集会が始まりました。
P1060273.jpg

石井真一動労水戸執行委員長は、6.1常磐線竜田延伸を徹底的に弾劾し、
本集会を怒りを解き放つ集会にしたい、と労働組合としての動労水戸の
並々ならぬ決意を語りました。
P1060279.jpg

広島の高陽第一診療所労組委員長の森末さんは、動労水戸に激励の檄布を渡し、
8.6広島大行動への参加を呼びかけました。
動労千葉の田中康宏執行委員長が、被ばく労働反対でストライキに決起した動労水戸の闘う意義に敬意を表し、「拍手したい」と語りました。
実際、被ばく労働反対でストライキを闘うというのは世界史的にも前例がなく、労働組合の在り方を問うストライキという意味で画期的意義のあるものです。
田中さんはまた、動労千葉も外注化粉砕で5.2ストライキを打ったことを紹介し、連帯の意思を明らかにしました。
また、ちば合同労組の仲間が5.29すき家ストライキに起ちあがったことを述べ、一切の集約としての国鉄闘争全国運動6.8全国集会の参加を呼びかけました。
P1060291.jpg

続いて国労郡山工場支部の橋本光一さんが発言しました。
橋本さんは自らの職場で被ばく労働反対の闘いを、党派的な枠組みを超えて分け入って訴えたこの間の経験を述べ、
今やこれまでの一切の「常識」をぶち破って闘う時が来たと語り、動労水戸と連帯して闘う決意を語りました。
P1060292.jpg

続いて国労の労働者が登壇し、JR当局と、この期に及んでも闘おうとしない組合本部のあり方への怒りをぶちあげ、会場のボルテージはなお一層高まりました。
続いて登壇した星野暁子さんは、自分の思いは一つ、共に闘いたい、と語り、お連れ合いである獄中39年の星野文昭氏も動労水戸の闘いを支持していることを紹介し、6.29星野奪還集会への参加を呼びかけました。
P1060296.jpg

東京西部ユニオンの北島邦彦副委員長は、前日より福島入りして様々な人から話を聞いたこと、福島の怒り、安倍への怒りを解き放つものとして6.29杉並区議補欠選挙へ決起する決意を語り、闘う労働組合の拠点を作り上げるために共に闘おう、と呼びかけました。
P1060297.jpg

ふくしま共同診療所の布施幸彦医師は、動労水戸の闘いに感動している、今やふくしま共同診療所がある福島市、国労郡工支部のある郡山市、そして動労水戸が闘ういわき市と、福島県の主要都市3市で闘いが始まった意義を語りました。
布施医師によると、ふくしま共同診療所では土日の診療が増えているということです。そのわけは診察を受ける方が、学校や地域社会に知られたくないから、ということでした。分断攻撃を乗り越えるべく、闘いの飛躍が求められています。

続いて発言した福島の母親の発言も、分断攻撃を乗り越えたい、というものでした。
政府の言う20ミリシーベルト容認発言や「ポケモントレイン」に怒りを震わせ、動労水戸と一緒に闘えて嬉しい、この闘いは現にいま福島第一原発で働く作業員の方々の安全とも一致していると語りました。

「希望の牧場」の吉沢正巳さんは、決して絶望していない、牛飼いとしての誇りをかけて、残りの人生で原発を乗り越えて闘う、とその決意を語りました。マイクも壊れんばかりの吉沢さんのアジテーションは参加者一同の胸を打つものでした。

ふくしま共同診療所呼びかけ人の一人である佐藤幸子さんは、寓話「裸の王様」を引き合いに、子どもたちに未来を!子供たちの目で真実を!と述べ、診療所へのカンパを呼びかけました。
ふくしま合同労組の藤井書記長も、闘う決意を述べ、「子どもたちに安全を!」と呼びかけました。

続いて登壇した福島大学の学生は、職員の弾圧・妨害と闘っている学生生活の日常を述べ、しかし決してそれに屈せず闘っていると語りました。そして「先頃ついに沖縄大学で自治会が再建された。この潮流を福島でも、全国でも」と力強く宣言しました。また先日不当逮捕された法政大学学生・武田雄飛丸君の早期奪還を訴えました。

NAZENいわきの農民の方は、福島・あるいは全国の農家の窮状を述べ、安倍政権と断固対決することの意義を語りました。倉岡雅美さんは、「怒りんごプロジェクト」を紹介しました。倉岡さんは仮設住宅を回り、住民の怒りをカードにして檄布を作り上げています。この日はその檄布を動労水戸に手渡し、会場から拍手が湧きました。

カンパアピールの後登壇した動労水戸青年部の照沼さんは、竜田延伸の本質的な意味を語りました。
すなわち、安倍政権が進めようとしている「帰還運動」以外に延伸の意味は何らないこと、
翻って住民が敷設を望んでいる三陸の各線や只見線ではJRにその意思がないことを怒りを持って語り、
命より金優先のJRのブラック企業ぶりを弾劾しました。
発言の終盤には、動労千葉の木科さん、動労水戸の羽部さん、動労西日本の山田さんの3人のJRの青年たちが、若々しく、固く闘う決意を述べました。

発言の集約を動労水戸副委員長の辻川真一さんが行いました。
P1060317.jpg

辻川さんは今日の集会に九州や遠く沖縄からも参加されていることに謝意を表明しました。
そして竜田延伸弾劾について組合として真っ向から取り組んだところ、沿線住民から「さすが国鉄の労働組合!」という声が上がっていることを紹介し、集団的自衛権に対する労働者の真実の声と絡めて御用マスコミ宣伝とは真逆の事態が進行中だと語りました。
最後に、声を上げたくても挙げられない人々と手を結び、この後のいわき市内3.5kmを力強くデモしよう、と締め括りました。

今回の闘争の参加者は520人にも上り、カンパも20万円余りが寄せられたということです!

いわき市内のデモでは、沖縄・国際通りデモを彷彿させるような、沿道住民の手を振る姿が
そこかしこで見られました。赤旗を林立させたデモには俄然注目が集まります。
労働組合が心棒に立つと、分断攻撃が軽々と乗り越えられ、労働者が解放される、
そんなプロレタリア自己解放の姿を垣間見た思いでした。

この日、石原環境大臣は同じいわき市で中間貯蔵施設建設の説明会を行いましたが、住民の方々の反対に立ち往生したそうです。
労働組合が広範な住民の怒りの先頭に立って、被ばく労働拒否・原発廃炉、原発再稼働阻止へ闘わなくては、とあらためて決意しました。何よりも日々被ばくを強制されている原発労働者・除染労働者との連帯です。

P1060319.jpg
P1060354.jpg

P1060372.jpg





みなさん、次の闘いは「国鉄闘争全国運動6.8全国集会」です。
解雇撤回・外注化、民営化粉砕し、いまこそ闘う労働運動をよみがえらせるために、
6月8日(日)午後1時(開場12時)、東京・文京シビックホールに結集しましょう。

0608IMG.jpg

安倍政権を打倒しましょう!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://rentaiunion2007.blog105.fc2.com/tb.php/385-af2aedfe

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/02 08:42)

福島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん