東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

“JRとの結託での労働条件削減許さない”東部労組全溶支部ストライキ支援に参加しました



 JRや私鉄各社のレール溶接を手がける株式会社全溶(本社/東京都練馬区東大泉)の労働者でつくる全国一般東京東部労組全溶支部が10月9日、第9波ストライキに突入し、本社前で抗議行動を行いました。

私たち東京北部ユニオンは、練馬区内にアミーユ支部、コンドルタクシー分会、「街」分会などを抱える地域共闘の立場から、今回の行動に参加させていただきました。全溶支部はじめ関係諸団体に心から敬意を表します。以下、参加した組合員の報告です。

本当に熱い熱い、労働者の怒りがほとばしるストライキアピール行動に参加させていただきました。
全溶支部全組合員41人のすさまじい怒りでの本社抗議は、労働者としての根底的な自己解放性の爆発であり、まさに「国会前の状況は職場にある」ことを指し示すものでした。
それは、闘わなければ生きていけないギリギリの闘いであると同時に、鉄道の安全を守ってきた労働者の誇りに満ちたものであり、「俺たちが職場を動かしているんだ」という気概に満ちたものでした。

これに対して、会社の対応は…(以下4枚、レーバーネットより)

1009002.jpg

1009001.jpg
職場を動かし、鉄道の安全を守っている労働者に対して、なんという仕打ちでしょうか! 本社ドアの日頃の暗証番号さえ変えて中に入れまいとするこのていたらく!

とりわけ印象的だったのは、支部委員長さんのアピールでした。

100904.jpg
「カメラ持っている人は、写してください。こんなに削ってあるんです。これがみなさんが乗っている電車の下に敷いてあるレールの実際です。なぜか。今まではレールセンターではこんな製品を出さなかった。1ミリの傷で再溶接していたものを、今回組合をつくっての要求のために36(協定)をきってます。そのために工程が遅れてきた。そうしたら「品質を落としてもいい」と。JRとこの全溶という会社は結託して、利益だけを考えています。そんな会社になりさがってしまったんです。こうした現実を、各組織のみなさんが写真に写したものを広げてください。全溶だけの問題じゃないんです。バックについているJR。なぜか。この役員連中はJRのOBです。天下りです。そいつら、JRと東鉄工業の連中が結託して、私たちがストライキをしても無効化するような汚いまねばっかりしてるんです。こういうことを社会全体に広げてやってください。」(支部委員長の発言から。私のメモです)

100905.jpg

「私たちの溶接するところは後ろに集塵機と言って埃を吸い込む機械があるんです。2メートルの高さがあります。それを背中にしょって溶接するんですけど、こんな物が集塵でへばりついてしまうんです。これです。頭上2メートルのところにくっついている。そこで溶接をしてるんです。これについては2年前からJRにもお願いして、開閉式にして取れるようにしてくれと。会社にも言いました。ぜひJRにも言ってくれと。やってくれません。しょうがないんで、今自分たちでハンマーで叩いてます。これは叩く前の状態です。それでもこれぐらいの大きな物が落ちてきてるんです。たまたま当たらないだけです。当たったら骨折とか死んでしまいます。そんな状態にこの会社はずっとしてるんです。何にもやってないんです、こいつらは。沼田は1年半前にJR東京本社に一回だけ泣きつきました。「単価を上げてくれ」「口数を上げてくれ」。それだけです。」

そうです。全溶はJRの天下り企業でした。国鉄闘争とJR外注化反対の闘いと一体のところに、全溶の第9波のストライキがあると強く感じました。

DSC_0283.jpg

その他の、支部組合員全員発言も、大いに心打たれました。(以下の2つの動画は、レーバーネットより)





組合側の主な要求は、沼田社長が4年前に就任して以来、①溶接資格手当や出張手当などの手当を大幅にカットしたこと、②溶接口数に応じた作業員の人数を削減したこと、③定年以降の嘱託社員の賃金を引き下げたことなどを元に戻すことです。
 しかし沼田社長は「手当や作業員をもとに戻すと赤字になる」と拒否しています。
 現場労働者は削られた手当をカバーするためにより長時間の残業を行い、作業員の人数も減らされ過酷な労働強化が生じています。「このままでは安全や技術継承にも支障が出る」という組合員の切実な声がストライキの背景にあります。

 全溶支部の組合員は切実に訴えています。
 「人員削減や社長のゼロ回答でレール溶接の品質が劣化している。このままでは列車運行や乗客の安全にも影響が出る」 「俺たちは首都圏のレールの安全を守っている。それなのに人が少なすぎて作業して運転して帰る時に眠くて仕方ない。運転手を増やせ」 「溶接の時に火花が散っても検証も会議もしない。安全無視」 「安全チェックで『後確認』というのがある。でも人がいないので『帰っていいよ』となり、自分たちで安全に責任が取れない状況」 「沼田社長が就任してから重大事故が立て続けに起きている。利益よりも安全を優先しろ」

 株式会社全溶の役員の多くはJRからの天下りです。全溶支部の労働者は首都圏のレールの安全を守る仕事を担っています。安全や雇用の費用を削り、金儲けに走る沼田社長とJRの結託体制に対するストです。

DSC_0266.jpg

DSC_0275.jpg

DSC_0283.jpg

 この労働者の怒りと結び合い、労働者の怒りともに進んでいきましょう!
今後も支援・連帯していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://rentaiunion2007.blog105.fc2.com/tb.php/440-76856dc9

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん