東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

解雇を撤回させ勝利解決(日東興産争議)

IMG_20170427_123836.jpg

昨日4月27日、東京都労働委員会でのあっせんで、大きくユニオン側の主張が通り、協定書を締結し勝利解決しました。

協定書の内容は、以下の5点です。
①当該女性労働者の3月6日付解雇の撤回。
②日東興産は3月末解散・4月30日付清算完了とする。
③当該は、会社清算に伴う4月末日付での会社都合により退職とする。
④日東瓦斯は、日東興産の事業は引き継がない。
⑤日東興産・日東瓦斯は、当該労働者に対する精神的苦痛を与えたことを謝罪し、解決金を支払う。

全面的に組合の主張を認めさせた大きな勝利です。特に、日東瓦斯の責任を明記させたことです。
最初の団交申入れの当初より、日東瓦斯の石川伸幸社長は「日東瓦斯は別会社で関係ない」とし、団交で最初の解雇を撤回させた際に締結した「今後については組合と誠実に話し合う」との合意書を反古にして居直りましたが、社前申入れ行動や浮間舟渡駅前街宣の積み重ねによって、労働委員会あっせんで日東瓦斯の責任を認めさせました。
そしてその結果、会社が狙った「日東興産を形式上潰して事業を日東瓦斯に引き継ぐ」偽装解散を完全に粉砕しました。

昨日のあっせんの最初に、会社側弁護士が「社前闘争をやめてほしい」と言っているとあっせん員から伝わり、この間の社前などの闘いが、いかに会社を追いつめていたかがわかりました。

「労働者としての誇りと権利を守り通した」(当該女性労働者)と総括できる勝利解決をかちとったことを断固確認します。

今回の日東興産争議は、1月末のユニオン臨時大会で確立したユニオン新体制をかけた闘いでした。
団交申入れ・労基署申請以来3カ月間の間、組合員および多くの仲間の皆様のご支援をいただき、特に鈴コン分会のみなさま、本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

4月28日
東京北部ユニオン

s-IMG_20170210_190007.jpg
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん