東京北部ユニオン(ソウル・ワーカーズ・ユニオン)blog

この世界はオレたち労働者が動かしてるっ!!

委託化・民営化に反対して練馬区長を追及



ともに地域を築く
区民と区長のつどい
~区民サービスの一層の向上と行政のスリム化へ向けて~


こんな風に聴くと、なんと民主的な区長かと思う人もいるでしょうか?
しかし、練馬区長は大違い(他の区長もそうだろうけど)!
練馬区の委託化・民営化計画に反対して、「区民と区長のつどい」に行ってきました。 この日の区長とのつどい(9月3日 関区民センター)に参加したのは約30人。
区が出した「行革プラン」「委託化・民営化プラン」の資料とともに、事前に区民から寄せられた声が紹介されていましたが、賛成は皆無。圧倒的に保育園の委託化への異論・疑問・反対でした。

ところがしかし、志村区長はあいさつで「私は行革を敢然とやる」「ムダはどこにあるか職員から募集したら、1600件も寄せられた」
→果たして、職員自身のクビを切る民営化の案が寄せられたのでしょうか?
「少子化時代、日本の繁栄のために自治体でできることをする。そのため、中学を出るまで治療費・入院費を負担するように今年4月からした」と豪語。だったら保育や介護にもちゃんと公的責任で人員を確保すべきでしょうが。まったく矛盾しています。

さて、会場からの意見・質問を紹介します。
・私立の保育園「キッズプラザアスク関町北園」近くにお住まいの方から、「十分な説明もなく急に建設され、環境基準を越える子どもさんたちの大きな声が響いている。私立とはいえ、公的施設なのだから、建設段階で区も含めて話し合いをするべき」
→ここで分かったことは、私立の保育園の場合、保護者以外の人との話し合いはしない!ということです。なぜなら、「お客ではない」ということです。私立の園長さんは直接話もせず、「本社に行ってください」というだけ。これは、問題になった光が丘第8保育園の場合もまったく一緒だそうです。
「光が丘第8保育園の委託化で、職員が全員辞めてしまい、大混乱になった。その総括もなく、次の委託化計画を出してよいのか」
→ここでの区長の答えは驚くべきものでした。
「光が丘第8保育園についてはマスコミなどでもいろいろ取り上げられているが、指摘のあり方にいろいろ問題がある」「現在訴訟になっておりますので、そのなかで言います。ここでは述べません」
なんと、「区民と区長のつどい」と言っておきながら、別に訴訟原告でもない区民に対して、光8保育園の問題については何もしゃべらないというのです!
「私立の特養ホームにいた母が、職員のパンを誤食して窒息死した。施設でよく話をきいてみると、職員個人の責任ではなく、①人員不足、②非正規の職員が多く、利用者の状態を把握できずにいたこと、が原因。関町の特養にいた父は、よい介護をしてもらっていた。委託化・民営化は、職員のクビ切りであり、そして利用者の命にかかわる。絶対に辞めてほしい」
→実は、これは筆者の経験です。しかし区の幹部は、「昨年4月から関町の特養も委託化されています」と言い放ち、「職員の配置基準は民間でもある(から大丈夫)」「区にある4つの特養のうち1つは完全民営化する予定」と言っただけでした。
「完全民営化」とは、もはや区では責任を持たないということです。公的な介護や保育の放棄ということではないでしょうか。
 そして、会場近くの保育園父母会会長さんの発言は、さらにそれを確信させるものでした。
・「光が丘第8保育園問題では、第3者機関による評価で、ほとんどの項目で事後の評価がさがってしまった」「職員は、正規・非正規含めて24人が辞めてしまった」「委託後のピジョン経営の保育園見学は拒否されている」
・「休日保育推進のためというが、現在は休日保育を受けているのは4人だけ。たった4人だけのために、大変な混乱をもたらす委託をしたのですか」
・「今度委託化が予定されている4園について、ニーズ調査がされていません」
・「経費削減といいますが、委託化で逆に経費がかかってしまう例も指摘されている。アメリカでは、きちんとした保育を受けられなかった人は、その後の人生をつまづくケースが多いということも指摘されている」
・「区内の雇用創出といいますが、委託された職員は、区内区外を比べると、区外の方が多い」
・「参院選ではっきりしたことは、民営化・規制緩和路線に対するNO。バス事故しかり、ふじみ野市のプール事故しかり。絶対に委託化・民営化はやめてください」

データの裏付けある説得力ある意見に、会場から拍手がわきました。
ところがところが!ここでも志村区長の対応はあまりにも異様でした。
露骨にぶすっとした顔をして「個人の意見を長々といただきました(!)」「私は4月の区長選で新任を受けている。これが私の回答です」と言うなり座ってしまったのです。
なんという居直り!最初から区民の声を聴かないのだったら、区民とのつどいなんてやらなければいいのに。まさに「悪代官・志村」と呼んであげましょう。
さらにさらに、
「どうして自分たちの同僚のクビを切るなんてことをするのか」
→「クビ切りではなく、委託後は別の職場に移している」「役所は競争がなくて非効率と言われる」「格差社会は、委託・民営化で起こっているというのは定説ではない(!)」
区側が「クビ切りではない」というのは、恐らく職員の新規補充をしない形での削減だからでしょうが、やはり納得できるものではありません。
「今まで区営できていたものを、どうして民営にする必要があるのか」
→区側が「民間でできるものは民間で」と述べましたが、明らかに疑問があります。財政削減が、どうして職員の削減でなければならないのか。もっと不必要な事業をしているということはないのか(例えば、外環計画にのっかっての「上石神井駅前まちづくり」の調査など!)。何の検証もされていません。
そして会場から「区長さんや幹部の答弁をきいても、納得できません。民営化というのはクビ切りです。そして命にかかわることを民営化したらいけないんです」という切々とした女性の訴えに耳を傾けることもなく、「30分延長しろ」という声をも無視して強引に「つどい」は終わったのでした。
練馬区の第2次委託化・民営化計画は、10月に決めるといいます。ずっと区民のために尽くしてきてくれている200人もの職員のクビを切る計画をみんなで止めましょう。
070903yd033_240x180.jpg

この日は生活者ネットの菊地議員なども参加していました。民営化絶対反対!がんばりましょう!
スポンサーサイト

コメント

9月19日の所信表明、頭にきた!!

今日の所信表明で、頭にきた部分があります。区長なに言ってんの?
「私は、区内4ヶ所で開催しました「区民と区長のつどい」の場で、区民の皆様の率直な声を直接伺い、行政改革や委託化・民営化に対する大きな期待を肌で感じたところであります。」だって。
だれも期待なんかしていないし、反対の声ばっかりだっただろ?
うそ言うなよ!区民をばかにするな!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://rentaiunion2007.blog105.fc2.com/tb.php/72-18ad5b50

区民と区長とのつどい2

3日の「区民と区長とのつどい」には僕は参加できなかったので、伝聞になってしまいますが、志村区長、こんなことを言っていたそうです。保育園の委託について、計画のずさんさ...

 | HOME | 

文字サイズの変更

ツイッター

QRコード

QR

プロフィール

Soul Warkers Union

Author:Soul Warkers Union
東京北部ユニオンは、東京北部地域(豊島区・板橋区・北区・練馬区・文京区)を中心とした、だれでも入れる労働組合。
いつでも労働相談を受けつけています!
東京都豊島区西池袋5-13-10
ハイマート西池袋603号
TEL :03-6914ー0487
tokyohokubuunion2010★yahoo.co.jp
(★を@マークに変えてメールしてください)

最近の記事

ブログ・コンテンツ

リンク

このブログをリンクに追加する

東京北部ユニオン今までの歩み

RSSリンクの表示

今日まで見てくれた人

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん